読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒の雑記memo

お酒に関する雑学などを学びながらご紹介していく雑記ブログ

日本酒と珈琲のカクテル?日本酒を注ぐだけで作れる「日本酒カクテルの素 珈琲」をレビュー!

日本酒 カクテル レビュー

カクテルと言うと、「お酒をベースにして作るミックスドリンク」といった印象でしょうか。

 

ベースとなるお酒は、ジンやウォッカ、リキュールやテキーラといったものが主流で、なかには焼酎や泡盛を使うものもあります。しかし、今回使うのはそのどれでもありません。

 

なんと「日本酒」。

 

日本酒を注ぐだけで珈琲風味のカクテルが作れる、という「日本酒カクテルの素」を見つけたのでレビューしたいと思います。

 

日本酒カクテルの素 珈琲風味

f:id:karamatsuri:20170124154920j:plain

瓶のなかには珈琲豆、角砂糖、シナモンなどが入っており、そこに市販の日本酒を注いで一晩置くだけでできるという日本酒カクテルの素。

 

正直、「これ美味しいの?」と思いました。確かに珈琲風味のカクテルはありますが、日本酒と珈琲のミックスは…想像がつきません。一体、どんな味になるのでしょうか。

 

 

さっそく瓶のなかに日本酒を注いでいきます。使ったお酒は「黄桜 呑」。

 

たまたま家にあったから、というだけの理由です。結局、珈琲風味の日本酒カクテルになってしまうので高い日本酒を使うのはもったいないですしね。

f:id:karamatsuri:20170124160756j:plain

日本酒を注ぐと、色が若干茶色に変わり、瓶底に溜まった角砂糖が徐々に溶けていきます。この角砂糖が溶けきり、珈琲の香りがするようになると飲み頃なんだとか。

 

そして、3日置いたものがこちら。

 

f:id:karamatsuri:20170124224003j:plain

 本当は一晩で良かったのですが、忘れてたのと念のために3日置きました。

 

十分に珈琲っぽい色に変化し、角砂糖も完全に溶けきっています。匂いも、日本酒より珈琲の香りの方が強くなっています。匂いだけで甘くなっているのが分かります。

 

飲み方は、ストレート、ロック、温めても良いとのことでしたので、すべて試してみることに。

 

まずはストレート

f:id:karamatsuri:20170124224057j:plain

 

予想以上に甘めのカクテルに仕上がっていました。例えるなら、珈琲風味のシロップといった感じでしょうか。甘いカクテルが好きな方には堪らない味かもしれません。

 

飲む前は、日本酒の風味の方が勝ると思っていたのですが、完全に珈琲カクテルになってます。意識すれば若干、日本酒の香りがするような気もしますが、「日本酒で作ったカクテル」だと知らなければ気が付かないレベルかもしれません。

 

お次はロック

f:id:karamatsuri:20170124224137j:plain

 

加水されるぶん、ストレートよりすっきりします。シロップのような甘さが和らぐので、「甘すぎるお酒は苦手」という方はロックの方が良いかもしれません。

 

最後は温めて

f:id:karamatsuri:20170124224229j:plain

 

 温めるとアルコールの匂いが際立つせいか、他の2つよりは日本酒が強調されますね。それでも甘めの珈琲カクテルには変わりありませんが、カクテル感は多少抑えられます 。冬に飲むには良いかもしれません。

 

全体が140mlと量が少なかったので、すべての飲み方を一杯づつ試したら無くなるぐらいの量でした。それでもカクテルで飲む分には丁度良い量だと思います。

 

ちなみに、このなかで個人的に一番好みだった飲み方はロックでした。全体的にかなり甘めなので、ストレートで飲むには少し甘すぎるかなと。その点、ロックだと時間と共にすっきりしていきます。味の変化も楽しめるのでおすすめです。

 

あとは、注ぐときに中の珈琲豆やシナモンが一緒に出てきてしまったり、細かい欠片があったりするので、気になる方は珈琲フィルターなどを使って濾すと良いかもしれません。

 

珈琲以外にも「かぼす」、「りんご」、「生姜」の全4種類あるようなので、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。個人的には、次は「生姜」に惹かれますね。